上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
2008年10月1日
1人のプロ野球選手が、現役を引退しました。

タイトルという名には、届かない選手でしたが、記録よりも記憶に残る選手だったと思います。

その選手を初めて見たのは、TVで夏の全国高校野球選手権大会でした。
入学したばかりの1年生で、しかも野球の名門PL学園の4番打者・・・

「1年生でPLの4番かよ、そんなにすげぇんならホームランでも打ってみろ」

私はTVの前で、ヤジっていました。

すると、左投手の外角のカーブをものの見事に、右中間スタンドにホームランを打ったのです。

「この選手はすげぇ」

私はその選手の虜になるまで、時間はかかりませんでした。

高校生活で本塁打記録を作り、鳴り物入りでプロ野球の世界へ・・・・・・

希望球団にドラフトで入れず、その球団を倒す為だけにがんばって、日本シリーズで
日本一が決まるまであとアウト1つというところで1人、ファーストを守りながら涙していました。
そういうガッツのある選手でもありました。

それから、怪我に苦しみながらも不屈の精神で乗り越え、プロ野球界を引っ張っていきました。

打撃不振であっても、バッターボックスに立つと、華のある、観客を沸かせる選手は
そういないと思います。

引退試合のために、イチローや阪神の金本選手、歌手の長渕さんらが駆けつけるのを見ても
人間的にも魅力ある選手だったんだなと思わざるを得ません。


10月1日 1人のプロ野球選手が バットを静かに置きました。
1つの時代が終わったのです。

清原和博選手 23年間本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

2008.10.02 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。